『個人情報保護方針(プライバシーポリシー)と利用規約』

1.個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)についてクラブエクセレンスでは、お客さまの機密性の高い個人情報を保護することは当社事業の基本であり、さらに 平成17年4月1日より施行された「個人情報の保護に関する法律」を踏まえ、お客さまへ安心と信頼のサービスを提供していくため、第三者 に対する情報の漏洩等を防止し、以下の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)を定め、個人情報を保護いたします。

1.1.個人情報収集について

当社にアクセスしてきた方の個人情報収集に関して、サービス提供に必要な場合に限り、適切かつ公正な範囲で会員様から個人情報の収集を行います。本人の同意無く無断で利用、または第三者に処理を委託することはありません。

1.2.個人情報管理について

収集した個人情報は厳正な管理下で安全に保管し、個人情報の漏洩、紛失、改ざん等の防止に努め、随時安全管理措置を講じるとともに個人情報を保護いたします。

1.3.個人情報の提示について

個人情報漏洩防止の観点から、お客さまの同意がある場合に限り、お客さまの意思を尊重し、合理的な範囲で個人情報のご提示をします。

1.4. 法令及びその他の規範について

当社は個人情報の保護に関する日本の法令及びその他の規範を遵守し、本方針を適宜見直し、継続的な改善に努めます。

1.5.個人情報の訂正または削除について

個人情報に関して訂正または削除の必要性が認められた場合は、個人情報漏洩防止の観点から、当該ご請求がお客様ご本人によるものであることが確認できた場合に限り、個人情報の訂正、削除または補正を行います。

1.6.個人情報の利用について

当社は個人情報につき、以下の目的で利用し、当該個人情報の利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報を取り扱うことはありません。
①当社サービスのご案内、ご提供のため
②お客様への必要書類の郵送その他の連絡・確認のため
③その他個人情報取得の際に明示された目的に利用するため


2利用規約

第1条(定義及び適用範囲)
当利用規約において、用語は以下の意味で使用します。
「甲」とは(有)ランドコムのことを示します。「会員」とは当利用規約に同意承諾し、所定の方法でメンバー登録を行った者をいいます。「当サービス」とは「クラブエクセレンスマッチングシステム」のことを指します。 「アカウント」とは会員登録を行った後に発行されるID及びパスワードのことを指します。
当利用規約は、甲が運営し提供する当サービスをご利用いただく際の、甲と会員との間の一切の関係に適用します。会員は、当利用規約を遵守の上、当サービスを利用するものとします。

第2条(会員資格)
当サービスを利用できる会員資格は以下とします。
● 18歳以上の方。
● 戸籍上および事実上でも独身者で、結婚を前提とした恋人や婚約者、内縁の配偶者あるいはそれに類する者がいない方。

第3条(会員登録)
当サービスをご利用いただくには会員登録が必要です。会員登録実施後、アカウントを発行します。
●会員登録の際に、第2条の会員資格を確認します。
●会員登録には、会員自身の個人情報を登録していただきます。
●会員が取得できるアカウントは、1名につき1つとします。会員の資格を複数所有する事、第三者に譲渡・貸与する事、または第三者と共有することは禁止致します。

第4条(会員情報の変更)
登録した会員情報に変更が生じた場合は、速やかに登録した情報の変更を実施するものとします。変更登録が行われなかったことにより、会員に生じた損害について、甲は一切の責任を負いません。

第5条(パスワードの取り扱い)
会員は、第三者に知られることがないように、パスワードを適宜変更するなど、会員本人が責任を持って管理するものとします。
●パスワードには、会員が公開する情報や、マッチングを行ったときにお相手に知られると思われる情報から類推される可能性があるものは使わないように留意ください。これにより、他の会員や第三者にパスワードが知られ、不利益を被った場合、甲は一切の責任を負いません。
●パスワードの第三者による不正使用により会員に損害が生じた場合でも、入力されたアカウントが登録されたものと一致する事を所定の方法により確認した場合、会員による当サービスの利用があったものとみなし、それらが盗用、不正使用その他の事情により、会員以外の者が使用している場合であっても、それによって生じた損害ついては、甲は一切責任を負いません。また、これらの行為によって甲、または第三者に損害を与えた場合は、当該会員が一切の責任を負うものとします。

第6条(退会)
退会は、会員の意思により任意にできるものとします。退会は、甲に連絡することによってなされるものとし、当該手続の完了時に会員たる資格が失われるものとします。なお、甲に退会の連絡を行った後、甲が当該退会処理手続き完了までに当サービスを利用し、甲に支払うべき費用が発生した場合は、その費用を甲にお支払いいただきます。

第7条(強制退会)
甲は、会員が故意・過失を問わず、以下の事項に該当すると判断した場合、直ちに退会させることができるものとします。 この甲の行為によって、会員に何らかの損害が生じたとしても、甲は一切の責任を負わないものとします。
● 第2条に定める会員資格に該当しない場合。
● 第8条に定める禁止行為に違反する行為をした場合。
● 当サービスの運営を妨げる行為または甲の信用を毀損する行為をした場合。
● 前号に定めるほか、甲が会員として不適切と判断する場合。

第8条(会員の禁止行為)
甲は、会員が当サービスの利用に際し、以下の行為を禁止します。
● 登録内容やメール等に虚偽の内容を掲載する行為。
● 他の会員の登録内容やメール等の無断掲載、複製、印刷および不正利用といった個人情報保護違反行為。
● 会員のアカウントを複数所有する行為。
● 当サービスの利用を、会員が第三者に委ねて利用する行為。
● 当該他人の承諾の有無にかかわらず他人になりすまし当サービスを利用する行為。
● 有償無償を問わず、会員の資格・アカウントを売買、または貸借する行為。
● パスワードを不正に使用する行為。
● 正式な恋人や婚約者がいる方の二股を目的とした利用。
● 他の会員への誹謗中傷や、名誉・プライバシー等の権利を侵害する恐れのある行為。
● 当サービスを誹謗中傷するなど、当サービスの印象を損なう行為。
● わいせつ、暴力的、性的表現、または嫌悪感を与える行為。
● 民族的、人種的等、基本的人権を損なう行為、またはその恐れのある行為。
● 売春、援助交際、不倫等を目的とした利用。
● 恐喝、ストーキング等の嫌がらせをする行為。
● 特定の宗教、思想への勧誘を目的とした行為。
● 政治的活動、選挙活動を目的とした行為。
● マルチ商法・ネズミ講・商品等の販売の勧誘、広告・宣伝・その他営利目的の行為、または営利目的のサイトに誘導する行為。
● ハッキング、コンピュータウィルス等有害なプログラムの使用、またはその恐れのある行為。
● 当サービスのウェブサイトの内容・情報を改ざん、消去またはそれらに類似する行為や不正アクセスなどによりサイトの情報を得る行為。
● 当サービスのシステム、プログラム、データの全体、または一部でも複製、印刷、転用する行為。
● 著作権その他の知的財産権の侵害、またはその恐れのある行為。
● 名誉毀損・不利益・損害を与える行為、またはその恐れのある行為。
● 公序良俗に反する行為、またはその恐れのある行為。
● 犯罪行為、またはその恐れのある行為。
● 法律・法令もしくは条例に違反する行為、またはその恐れのある行為。
● その他、甲が不適切と判断する行為。

第9条(登録情報・アカウントの変更・削除、利用の停止)
甲は、会員が第8条に定める会員の禁止行為に違反し、状況判断したうえで、相当な事情がある場合には、当該会員の登録情報やアカウントを変更、削除、または当該会員が当サービスを正常に利用できないような措置を取ることがあります。 また、セッティング料を甲に支払わない場合、セッティングをキャンセルし、キャンセル料を甲に支払わない場合や、セッティングに遅刻してペナルティーが発生し、そのペナルティー料金を支払わない場合も同様の処置をとる場合があります。

第10条(当サービス内容およびシステム、価格の変更)
甲は、会員に事前通知することなく当サービスの内容、システム、価格等を変更できるものとします。

第11条(当サービスの一時中断、中止)
甲は、以下の事項に該当すると判断した場合、会員に事前通知することなく当サービスを一時中断、または中止することができるものとします。
●地震・津波・洪水・噴火等の天災地変、戦争・動乱・暴動・テロ等の甲の責めによらない事由により当サービスの提供ができない場合。
● 火災、停電等により当サービスの提供ができなくなった場合。
● ストライキ、事故などで交通機関が緊急停止した場合。
● 当サービスのシステムの保守、管理上やむを得ぬ事由がある場合。

第12条(会員個人情報の管理)
甲は、会員より取得した個人情報を厳重に管理し、当サービスの円滑な運営の目的のために利用致します。これらの情報は甲の個人情報保護方針(プライバシーポリシー)に従って取り扱い、第三者に開示、提供等することはないものとします。ただし、以下の場合は開示することがあります。
● 会員が事件や紛争を起こし、警察や裁判所その他行政機関等から要請があった場合。
●プロバイダー責任法(正式名称:特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律)による請求があった場合。
● 個人を特定できない統計情報(当サービスの利用人数、利用者の男女比など)を、ユーザや協力会社、広告主などに開示提供等する場合。
● 甲と機密保持契約を結んだ協力会社の付加サービスを受けることに利用者が同意した場合において、利用者の再入力の手間を省くなどの利便性をはかるため、当該協力会社に必要最小限の会員情報を開示、提供等する場合。

第13条(損害賠償や重大な禁止違反行為の法的措置)
甲は、会員が当規約に違反し、甲に損害を与えた場合には、当該会員に対し損害賠償請求ができるものとします。 特に、次の事項は重大な禁止行為となりますので、ご注意ください。
●第2条の会員資格につき、虚偽の申告をした場合、違約金100万円を甲へお支払いいただいたうえで、損害賠償請求します。
●当サービスのシステム、プログラム、データの全体、または一部でも他の媒体へ複製、印刷、転用する行為を方法を問わず行ったことが判明した場合、会員は、重大な禁止行為として違約金100万円を甲へお支払いいただいたうえで、損害賠償及び刑事事件として法的措置をとり、処罰を負っていただきます。

第14条(免責事項)
甲は、以下の事項を免責事項とします。
● 甲は、管理している登録内容やメール等全ての情報の信頼性、完全性、正確性、有用性、適合性等に関し一切責任を負わないものとします。
● 会員は、自らの責任において当サービスを利用するものであり、会員が当サービスを利用するにあたり、当規約への記載事項の有無にかかわらず、会員が被った全ての損害に対し、甲は一切責任を負わないものとします。
● 甲は、第7条の強制退会により会員に損害が生じた場合でも、一切責任を負わないものとします。
● 甲は、第9条ないし第11条に従い登録情報・アカウントの削除、利用の停止、当サービスの変更、一時中断、中止により会員に損害が生じた場合でも、 一切責任を負わないものとします。
● 会員は、当サービスを利用することにより他の会員または第三者に対して損害等を与えた場合、自己の責任と費用において解決するものとし、甲は一切責任を負わないものとします。

第15条(セッティング方法とセッティング料)
セッティングには、会員がシステムにログインし、他の会員を検索して申し込む方法と、登録内容から希望条件に合致した方をクラブエクセレンス スタッフから推薦した方に、申し込む方法があります。申し込まれた会員は、お会いするか否かの判断をしていただき、申し込まれた会員がお会いする意思を表明した時点で、セッティング完了となります。セッティングが完了しましたら、会員は所定のセッティング料を甲に支払うものとします。申し込まれました会員様は、お会いする意思表示をした時点でセッティング完了になりますので、その時点からセッティング料の支払い義務が発生します。申し込んだ会員様へのセッティングの完了は、申し込み日から10日以内にご連絡しますが、セッティング完了は、ご連絡時点またはご連絡を会員様が確認した時点ではなく、あくまで申し込まれた会員様がお会いする意思を表明した時点になりますのでご留意ください。なお、セッティング料の不払いは、第9条の対象になるほか、損害賠償請求の対象にもなりますので、ご留意ください。セッティングの完了後は、担当者がセッティングの日程、時間の選定を行い、双方の会員にご連絡いたします。日程・時間に不都合がある場合には、直ちに担当者までご連絡ください。

第16条(セッティングのキャンセル及びキャンセル料)
セッティングをキャンセルする場合は、必ず甲までご連絡ください。キャンセルの場合、連絡の状況により、以下のキャンセル料が発生します。
セッティング完了日からセッティング日の前々日までは5,400円、前日及び当日は10,800円、当日連絡ない場合は16,200円を甲にお支払い頂き ます。なお、キャンセル料の不払いは、第9条の対象になるほか、損害賠償請求の対象にもなりますので、ご留意ください。また、お相手双方が了承して延期した場合にはキャンセル料は発生しませんが、どちらか片方の都合により延期を申し出て、その他方が了承しなかった場合はキャンセル料が発生します。その場合のキャンセル料は、延期を申し出た日によって決定します。

第17条(セッティング時当日の遅刻について)
セッティング当日遅刻される旨のご連絡をいただいていてもセッティング予定時刻から45分が経過し、お待ちいただいている会員様が今回のセッティングをご辞退する意思があった場合は、遅刻した会員様の当日連絡無きキャンセル扱いとなります。この場合、遅刻した会員様は、第16条の当日連絡無きキャンセル扱いの16,200円のペナルティー料金を甲にお支払い頂きます。なお、ペナルティー料金の不払いは、第9条の対象になるほか、損害賠償請求の対象にもなりますので、ご留意ください。

第18条(利用規約の変更)
当利用規約は、会員へ事前通告することなく変更することができるものとします。その効力は、会員へ告知した時からとします。会員は、当サービ スを利用する度に当利用規約を確認するものとします。

第19条(管轄裁判所)
甲と会員は、両者の間で当利用規約、当サービスに関連して紛争が生じた場合は、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

第20条(準拠法)
当利用規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては、日本法を準拠法とするものとします。